大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

納車3日目でパンクやりました!

   

ロードバイクには常について回る問題がパンク。 タイヤが細く空気圧が高いロードバイクはママチャリに比べてパンクしやすい、と言うのは前知識として持っていました。

しかし、まさか納車3日目で食らうとは思っても見ませんでした。

スポンサーリンク

ロードの乗り方にも慣れてきたので、オフィスまで自転車で行こうと考えました。
とは言え距離的には片道6km程度。ロードバイクならなんてこと無い距離です。

行きに通った道はいわゆる主要道路。片側1車線しかないのに大型トラックがびゅんびゅん通る道。 乗り方に慣れたとは言えまだ3日目です。後ろから来る車のプレッシャーには中々慣れませんね。
また、渋滞している車の横をすり抜けるのも怖くて、結局6kmの距離に25分もかかってしまいました。。。

そんな反省を活かし、帰りは車の少ない裏道を使うことにしました。
車が少ないのでそこそこのスピードが出て気持ちよくなったところに路駐車が。

2016-01-24-01 ※イメージです

こんな感じの典型的な路駐ですね。
本来は後ろを確認し右側から追い抜くのでしょうが、ちょうど後ろから車が来ており対向車線からはトラックが。

ビビった私はちょうど歩道の切れ目があったので歩道側へ。

スパーン!!

すごい音と共に後輪がガタつくのがわかりすぐに停車。
これが噂に聞くリム打ちってやつですか!
自分の中では結構速度を落として侵入したつもりでしたが甘かったようです。止まるかどうかの速度で入らないとダメなんですね。
替えのチューブを忘れるという失態をやらかしてしまいオフィスまで担いで戻りました。重かった・・・。

自転車を車で家まで運び早速パンク修理を。

まずは後輪をフレームから外します。リアのギアは一番小さいギア(トップ)にしておきます。 2016-01-24-02 ブレーキのクイックを緩めます。

2016-01-24-03 後輪のクイックを緩めます。
緩んだら後輪を抑えたままフレームを持ち上げると簡単にはずれました。

チューブを外す前にタイヤに傷が無いか確認。すると 2016-01-24-04 タイヤに見事な穴が開いていましたorz

これは修復は無理だと判断してタイヤを購入してきました。
痛い出費・・・。

[amazonjs asin=”B0052KBPTI” locale=”JP” title=”Panaracer(パナレーサー) カテゴリーS2 W/O 700X23C レッド F723-CATS-R2″]

購入したのはこれ。車体のレッドに合わせて赤いラインが入っているのを選びました。 どうせ交換するならかっこいいのにしたいからね。
Amazonで買えば1600円程度で買えるけど、緊急だったので近くの自転車屋で2500円で購入。Amazon安いよなぁ。

チューブとタイヤを交換してフレームに装着。 2016-01-24-05※空気入れる前なので少しよれよれしてます。

我ながら中々かっこいいと思う!怪我の功名と自分に言い聞かせることにします。

ここまでの作業は30分くらい?特に問題無く終了。 しかしこの後が問題発生。
ギアがうまくハマったかチェックしていると何やらリアディレイラー付近でチェーンが擦れる音がします。
アウター&トップと言う組み合わせの時だけなので、非力な私は使うこと無いかなーとは思いつつ気になるので調節してみることに。

リアディレイラー 調節

そんな感じのキーワードで検索しヒットしたブログやら動画やらを見ながらいじってみることに。
パソコン自作したり幼少時はプラモデルにハマったりと元々手先は器用な方だったので簡単に行くと思ってました。

参考にした動画はこちら。

偶然にも、私の乗ってるFELTの日本法人であるRITEWAY社が公開している動画でした。
この動画は非常に分かりやすく、初心者の私でもすぐに理解することが出来ました。

ただ、理解することと実際に自分で調節出来ることはイコールではありません。
フロントディレイラーの位置調整がうまくいかないのか、フロントのシフトチェンジが出来ません。インからアウトにチェーンが動いてくれなくなりました><

何度も調整を繰り返すこと数時間。やっとシフトチェンジが出来るようになり異音もしなくなりました。
素人が簡単に分解なんかしちゃダメですね。慣れるまでは自転車屋に調節をお願いすることにします。

 

 

 - 自転車関連