大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

SONYからレンズ型カメラ「DSC-QX100」「DSC-QX10」が登場!

   

ソニーから面白いカメラが発表されました。

レンズ型のカメラです。スマートフォンに装着して使う新しいカメラです。

このカメラの面白いところは、通常のデジカメでいう液晶画面をスマートフォンが代用するというところ。

そのため、本体に液晶画面を付ける必要がなくなりこのようなレンズ型のカメラが出来上がったのですね。

スマートフォンとカメラはwifiやNFCで接続し、レンズで映した映像をスマホの画面に映し出します。

スマホの画面では画面をタッチすることでフォーカス位置を指定することが出来る。

この辺は普段使ってるスマホのカメラ機能と同じかな。

撮影した映像はカメラ本体に装着できるSDカードのほかスマートホンにも保存がされるので

その場ですぐにFacebookやTwitterに投稿することが可能

20130904-02

DSC-QX100(左)とDSC-QX10(右)

また、カメラとスマホは必ずしも装着していないといけないわけではないので、

左手にカメラ、右手にスマホを持って自由に撮影することも可能です。

運動会などで人ごみの後ろから撮影する時も、左手でカメラを上に掲げてスマホの画面で確認。

普通のカメラなら手を伸ばせば液晶画面も遠くになるので見辛くなりますよねー。

これは撮影の幅がかなり広がりそう!!

 

こちらのプロモーション映像を見るとかなり欲しくなります…。

 

スペックですが、DSC-QX100は同社の高級コンデジRX100M2と同じ1型のセンサーを使用し

レンズ部分はルカールツァイスのVario-Sonnar T*レンズを使用した高級カメラ。

有効画素数は有効画素数は2,020万で、光学手振れ補正機能やマニュアルフォーカスリングも搭載。

焦点距離は換算28mm~100mmの光学3.6倍ズームとなっています。

 

DSC-QX10はWX150と同等の1/2.3型・1800万画素センサーを搭載し、

レンズはソニーのGレンズを使用したコンシューマ向けのカメラ。

有効画素数は有効画素数は1,820万。

焦点距離は換算25mm~250mmの光学10倍ズームとなっています。

 

カラーはブラックとホワイトxゴールドの2色展開

カラーはブラックxブラックとQX10のみホワイトxゴールドの2色展開。

ホワイトカラーも素敵ですねー。白いiPhoneに合いそうです!!

 

値段はQX100が5万円前後、QX10が2万5000円前後になりそうです。

海外では9月下旬に発売とのこと。国内では正式発表はまだですがもう少ししたら発表があるでしょう。

 

久しぶりに?ソニーらしい製品だと思います。今から待ち遠しいです。

 

 - カメラの事 , ,