大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

ソニーがフルサイズのミラーレス機「α7」「α7R」を発表!

   

またもやソニーさんがやってくれましたヾ(*´∀`*)ノ

以前から噂がありましたが、世界初のフルサイズセンサー搭載のミラーレスカメラ「α7」と「α7R」を発表しました。

ソニーは、レンズ交換式デジタル一眼カメラα™の新カテゴリーとなる、世界で初めて※135mmフルサイズイメージセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ『α7』シリーズとして、『α7』と『α7R』の2機種を発売します。
両機ともに、一般的なフルサイズイメージセンサー搭載のレンズ交換式デジタル一眼カメラと比較して約1/2の軽量・コンパクトなボディに、新開発の画像処理エンジンを搭載することで、高速・高精度AF(オートフォーカス)と、さらなる高画質を実現しています。

また、35mmフルサイズ対応のマウントアダプター『LA-EA4』と『LA-EA3』を新たに用意することで、新開発の35mmフルサイズ対応α[Eマウント]レンズだけでなく、α[Aマウント]用レンズ群も選択でき、幅広い撮影用途を満たします。

ソニーは、これらの商品を通じて、ハイアマチュアのみならず幅広い写真愛好家に向けて、小型のフルサイズミラーレス一眼カメラという新たなカテゴリーを提案します。

 

これまで、フルサイズのイメージセンサーを搭載したカメラと言うのは、サイズも重量も大きい物が多かった。
ソニーの現行フルサイズ機α99の本体重量が約733gですが、このα7は約400gとおよそ半分の重さ!
この重量の差は大きいですよ。単焦点レンズ1個分くらいの差はあります。
つまり、今までは泣く泣く持っていくのを諦めていたレンズを持っていくことが出来るのです。
表現の幅も広がりますよね!!

このフルサイズセンサー搭載ミラーレス機というのがどれくらい凄いかというと、
コンパクトな軽自動車のボディに、スポーツカーの高性能なエンジンを積んだ車のようなものです。
カラダは小さいのに性能はスポーツカー。小回りはきくしスピードも出るしで言うこと無し。

α7はまさにそんなカメラ。
フルサイズセンサー搭載だと何が違うのか。

私も専門家じゃないので簡単に言いますと、まず「高画質で良くボケる」というのが挙げられます。
一般的な一眼レフカメラに搭載されているAPS-Cサイズと比べ、1画素あたりの受光面積が2倍!
より多くの光を取り込めるので、高感度でもノイズの低い写真が取れるようになります。

また、APS-Cと同じ焦点距離のレンズを使った場合にフルサイズの方が「よくボケる」のです。
仕組みは専門的で良くわからないですが、とにかく綺麗にボケるんです。
もちろん、ボケるのが必ずしも良い事というわけではありませんが、
コンデジから一眼レフにしたいと思う人は理由の一つに「良くボケるから」というのがあると思うんです。
私もその1人ですからね。なので、「よくボケる」と言うのは嬉しいです。

更に更に、APS-Cやマイクロフォーサーズなどのセンサーはフルサイズに比べて小さいので、
フルサイズと比べると画角が1.5倍とか2倍になっちゃうんです。

焦点距離が小さいほど広角、大きいほど望遠と言うのはわかるかと思います。
例えば、焦点距離50mmというレンズがあったとすると、APS-Cで使うとこれが75mm相当になるし、
マイクロフォーサーズで使うと100mm相当になってしまいます。
景色を広く取りたいときは広角レンズを使いますが、APS-Cやマイクロフォーサーズだとどうしても広角に弱くなってしまいます。
逆に、望遠には強いんですけどね。300mmレンズがマイクロフォーサーズだと600mm相当の超望遠レンズに早変わりですから!
どちらも一長一短ありますが、風景写真が好きな人はフルサイズで広角レンズを使うとかなりのめり込むと思います。

 

今回発表されたα7とα7R、α7Rの方が上位機種になりますが、その違いはというと、

有効画素数画素数はα7が2430万画素に対してα7Rが3640万画素。
サイズはどちらも同じ幅26.9mm × 高さ94.4mm × 奥行き48.2mmですが、重量が416gと407gでα7の方が少しだけ重い。
α7Rはローパスフィルターレス仕様となっている。ローパスフィルターレスって何かはこちらがよく分かるので気になる人は読んでみてください。
また、α7Rには何やら凄い技術が搭載されているようで、そのために周辺の画質も高画質になっているそうです。
つ・ま・り、広角レンズを使うとどうしても周辺の画質が悪くなりがちですが、それを補正?してくれるっぽいです。
ますます広角好きにはたまらない仕様になっています!!!

ただ、α7もα7Rに負けないところがあります。それはAFの速さ。
位相差検出AFが可能なのはα7のみ。しかもフォーカスポイントが117点あるのでとにかくAFが早い!
お子さんの運動会などの一瞬を撮影したいのならα7の方がよいかも知れないですね。
お値段も7万円くらいα7のほうが安いですから。

その他の機能・性能はほぼおなじ。Wi-Fi搭載でスマホなどに画像を転送したりもできるし、
α99と同等の防滴・防塵性能を備えているし、もう今からワクワクが止まらない感じです。

 

ちなみに、ミラーレス機なのでNEXシリーズということになりますが、
今回からNEXシリーズというのがなくなりαシリーズに統一されるそうですよ。

また、ミラーレス機なので今までのαシリーズについていたボディ内手ぶれ補正はついていません。

発売は11月15日からで、予想価格はα7ボディが15万円前後、α7レンズキットが18万前後、α7Rボディが22万前後となっています。

後1ヶ月、毎日夢に出てきそうです!楽しみデスねー。

※公式動画

 

 今のところ、カメラのキタムラが一番安いかな。

α7ボディが¥134,820(税込)、α7Rボディが¥197,820(税込)と20万を切ってます!(10月16日現在)

リンク:カメラのキタムラ

 

 - カメラの事 , ,