大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

[カメラ]ソニーのα57が発表!α55やα65との性能差は?

      2013/08/29

海外では先に発表があった最新の一眼レフカメラ「SLT-A57」が
日本でもソニーから正式に発表がありました!!

α55の後継にあたると言われていますがその実態は?


[ad#ad-336×280]
まず基本性能から。
撮像素子は有効1610万画素で、α55の解像度より10万画素低くなりますが、
ISO感度は最大16000まで設定可能になっています。(α55はISO 12800まで)

従来の連写機能も更に進化!
最大12コマ/秒の高速連写機能を搭載し、大切な一瞬を逃しません!

おもしろ機能も加わりました。
オートポートレートフレーミング機能と言って、撮影時に顔認識機能によって
自動的に最適な構図を判断してトリミングしてくれます。
これで誰でも簡単にプロのようなポートレート写真が撮れます。
また、「全画素超解像技術」により、切り出された画像はオリジナルと同じ解像度。
もちろん、オリジナル画像も一緒に保存されます。

 

この機能はお子さんを撮影する人にはありがたい機能ですね♪

この「全画素超解像技術」と言うのがスゴイ。
今装着しているレンズを解像度を保ったまま最大2倍までズームが可能。
例えば、55mmまでしかズーム出来ない標準レンズでも110mmまでズームが出来ます。
単焦点レンズでもズームが出来るので、単焦点の明るさを保ったままズーム出来ちゃうスグレ機能。

いやはやソニーさん、色々やってくれますね!
エントリーモデルながら非常に高性能な仕上がりになっています。

α65と比較すると、画素数はα65が2430万画素と大きく差が付いていますが、
「高画素数」がイコール「高画質」とは限りませんよね。
画素数が多くなると、それだけ1枚辺りの容量が大きくなります。
UHS-I非対応な両機種によって、高画素数というのは逆にネックになることもあります。
そのため、α65では連写が最大10コマ/秒となっています。

ファインダーも65と57は違います。
65は77と同じ有機ELファインダーを採用しているのですが
57は55と同じ電子ビューファインダーとなっています。

それ以外はほぼ65と同じ。
当初α55の後継機と言われていましたが、実際には65をベースに作られており、
サイズや重量も55より一回り大きく、65を僅かに小さくした感じです。

また、α55で搭載されていたGPS機能がなくなっていたのは個人的には非常に残念。
GPSの為にα33からα55に換えようかと悩んでいたところでしたので。

ただそれを踏まえても有り余る魅力がたっぷりのα57は4月13日発売予定!
実勢価格はボディで8万前後のようです。

私の大好きないーでじさんでは既に予約受付中。
その場で割引の10%クーポンと購入ポイントを合わせると現在価格コム最安値のようです。


SONY SLT-A57ボディ

私はお財布事情によりもうちょっと安くなってから検討しようかな…。

 

※追記:ファームウェアに重大なバグが有ったようで発売が延期になっています。

http://www.sony.jp/ichigan/info2/20120412.html

 

※再追記:4月27日に不具合を解消し発売すると発表がありました!!

http://www.sony.jp/ichigan/info2/20120420.html

※超解像度技術によるオートポートレートフレーミングなどを搭載した弟分「α37(SLT-A37)」も発表されました。

http://taisetu.com/cameras/654

 - カメラの事 , ,