大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

クレジットカードを持てない人でもApple Payを使える方法!

   

本日25日より日本でもApple Payが使えるようになりました。
Apple PayはiPhone7やApple Watch2で使える非接触型決済サービスです。
日本ではおサイフケータイと言ったほうがわかりやすいでしょう。

Apple Payを使用するのはクレジットカードの登録が必要です。
しかし、未成年の方や諸事情でクレジットカードを持てない人でも使える方法があります。
クレジットカードが持てないからと諦めていた人、まだ諦めるには早いですよ!

Apple Payについての初期知識

まず、Apple Payについて軽く説明します。
iPhone7シリーズとAppleWatch2にはFeliCaチップが内蔵しています。FeliCaはソニーが開発した非接触ICカード技術のことで、SuicaやPASMOと言った交通系のICカードや、edy・waon・nanacoと言った電子マネーカード、おサイフケータイ対応の携帯電話やスマートフォンに搭載されています。
また、社員証にFeliCaを搭載して入退出を管理したり電子キーの代わりにしたりと言ったことにも使われています。
このように、国内において非接触型のサービスと言えば殆どがFeliCaを搭載していることになります。
それが今回、iPhone7とAppleWatch2に搭載された、ということです。

Apple Payで出来ること

Apple Payでは、オンライン決済やアプリ内決済などで使用することが出来る他、iD/QuickPay/Suica対応のお店での支払をすることが出来ます。みなさんが待ち望んでいたのは後者の方でしょう。
お店で使うには、その店に対応したサービス(iD/QuickPay/Suica)に対応したカードをiPhoneで登録する必要があります。
ApplePayと言うのはAppleの提供するサービス名であり、実際の決済名はSuica決済だったりiD決済だったりQuickPay決済なのです。
ですので、お店で使うときは「suicaで払います」とか「iD支払でお願いします」と言わないといけません。
「ApplePayで払います」と言っても店員は分からないかもしれません。

登録出来るカード

iPhoneに登録出来るのは、Suica及びiD、QuickPayに対応したクレジットカードのみ、ということになります。
つまり、全てのクレジットカードが登録出来るというわけじゃありません。
現時点で登録が出来るクレジットカードは以下のとおりです。

apple-pay-tourokukanou-card

自分が使っているカードが対応しているか分からない場合は、取り敢えず登録してみると良いでしょう。
未対応のクレジットカードの場合は登録時にエラーが出るのですぐにわかります。

クレジットカードが持てない人は?

さてここからが本題です。
クレジットカードを持てない未成年の方や、過去に事故を起こしてブラックリストに載ってる方など、世の中にはクレジットカードを持ちたくても持てない人がいます。
そんな人でもApplePayに使えるカードを持つことが出来ます。

それは、ソフトバンクカードです。

ソフトバンクカード

これはプリペイド式のVISAカードで、残念ながらソフトバンクユーザーのみ発行が可能です。
しかし、VISAマークはついていますがクレジットカードではありませんので、未成年やブラックの人でも発行が可能です。
※ただし独自審査があるので、ソフトバンクの支払を滞納したりしてると拒否される可能性はあります。

これは利用前に予めチャージをすることで、そのチャージした分まで利用が可能になるカードです。
VISAマークがついているので全国のVISA加盟店で使うことが出来ます。

そしてこれはApplePayに登録することが出来るのです!
しかも一度発行したあとはソフトバンクを解約したあとでも使えます。(おそらく有効期限まで。更新はできない?)

チャージをするには、自分専用の口座に振込をするかジャパンネット銀行からの口座振替が必要です。ちょっと面倒です。
それでもクレジットカードを持てない人からしたら夢のようじゃありませんか?
マクドナルドでピッ、コンビニでピッ、改札をピッとしたい人はソフトバンクカードを発行してみましょう。

 

 - iPhone/iPad, 新商品情報