大切な時間

IT系の話題や、趣味であるロードバイク、カメラ、iPhoneなどの話題を書いてます

*

新MacBookAirにしようか、MacBookPro レティナにしようか。悩む。

   

先日、WWDC2013が開催されました。
私は初めて最初から最後までリアルタイムで見ました。
日本時間で夜中の2時から4時までの2時間。ひたすら睡魔との戦いですw

今回最後まで見た理由はMacBookの新しいのが発表されるのでは?と噂があったから!
今はWindowsPCを使っていますが、WEB制作の現場ではMacの重要性がかなり高い。
なので、独立を機にMacBookを買おうと思っていたのです。

今回の発表次第で何を買おうか決めようと思ったのですが、
今、かなり、悩んでいます。。。。

悩みの原因。それは、今回のMacBookの新モデルがAirのみだったこと。
インテルから新しく出た次世代CPUのHaswellが搭載されるであろう、と以前から噂があった。

Haswellはかなりの省エネ設計がされているらしく、
特にモバイル分野で大きな威力を発揮すると言われていました。
つまり、バッテリーの持ち時間の大幅向上が期待出来ます。

あまり外で使うことはないかも知れませんが、
それでもバッテリー持ちが良いに越したことはないですからね!

そしてWWDCの動画を見ていたらついにMacBookの新モデルが発表されました!
噂通りHaswellが搭載され、13インチモデルだと最大で12時間も持つとのこと。
12時間と言えば半日ですよ!仕事中は充電無しでも持つくらいです。

キタコレ!

と思いましたが、残念ながら発表されたのはAirのみ。
他に噂されていたRetinaディスプレイは搭載されませんでした。
悩みのタネはここにあります。

発表まで心に決めていた機種はMacBookProの13インチRetinaモデル。
WEB制作をするのであれば解像度が高いに越したことはありません。
今使っているノートPCが15インチで1366×768の解像度。
今回発表のAirが1440×900なのでほぼ同じ。
正直、複数のアプリを立ち上げて窓を並べるとかなり狭いです。
Dreamweaverでの作業もちょっとしづらいのです。

Retinaモデルであれば2560×1600ピクセルの解像度。
縦も横も約2倍の広さになります。これは魅力!

ちなみに、新Air(13インチ)がPro(13インチRetina)に優っているところは
 ・CPUが最新モデルである。(クロック数はProのほうが上)
 ・バッテリーの持ちが良い。(Proの約1.5倍)
 ・Proより300gも軽い。持ち運ぶならこの300gの差が結構大きかったりする。
 ・グラフィック性能が良い。
 ・最新の無線LAN規格の802.11acに対応している。理論値で最大1.3GBのワイヤレス通信が可能。
 ・AirをSSD256/メモリ8GBにした場合、Proより約3万円ほど安い

こんなところです。
この優れている部分に大きなメリットを見いだせるのであれば選択肢はAirになりますね。
個人的に「AirのHaswell搭載と軽さ vs ProRetinaの高解像度」でずっと悩んでいました。

悩んでいても答えが出ないと思ったので、実物を見に渋谷のアップルストアへ行って来ました!
すると答えは一瞬で出ました。MacBookAirにします。

決め手となったのはHaswellの予想以上の高速さ。
iTunesもiPhotoもSafariもExcelも一瞬で立ち上がりました。
Proの方は一瞬だけどもたつく感じ。

次に感じたのが300gの重さの差。
実際、手に持った感じではかなり違いを感じました。
ブログを書くのでアップルのサイトで仕様を調べたのですがたった300gしか差がないの?と驚いたほどです。
一緒に行った人にも聞いてみましたが、「1キロくらい差があるように感じた」といってました。

打ち合わせなどで外に持ち運ぶ人ならAir一択かもしれないですね。

そして思いました。
3万円の差があるのなら、最新のAirに外部モニタを買ってつなげてデュアルで使えばいいじゃん!と。
そうすれば解像度の不満は解消されるはずです。
事実、iPadを今のノートPCのデュアルディスプレイとして使っていますがかなり役だってます。

そんな訳で、私の中での「新Air vs RetinaPro」対決は新Airに軍配が上がりました。
ま、秋には時期iPhoneの発表と同時にMacBookProのHaswell搭載モデルの発表もありそうですけどね!

同じような悩みをお持ちの人に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

[amazon asin=”B009X5EJSW”][/amazon]

 - 新商品情報